分数と分数の四則演算 3項のたし算とひき算(算数)

未分類
02 /23 2021
江間淳です。『やりなおしの中学英語を完成させる本』(総合科学出版)という本の著者で、水戸市で塾経営、プロ家庭教師としても活動しているものです。行政書士の資格もあって、バンド活動もしていました。
たくさんの計算問題を解いて、正確に素早く計算問題を解けるようになりましょう。地道な作業ですが、スポーツで筋肉トレーニングが大切なのと同じです。というわけで、今日も計算問題を解きましょう。。

■ 問題
(1)つぎの問題を解いてください。
\[\frac{2}{45}-\frac{7}{87}+\frac{1}{24}\]

(2)つぎの問題を解いてください。
\[\frac{1}{7}-\frac{1}{3}+\frac{1}{2}\]

(3)つぎの問題を解いてください。
\[\frac{7}{54}-\frac{2}{45}+\frac{3}{80}\]

(4)つぎの問題を解いてください。
\[\frac{1}{20}-\frac{1}{28}+\frac{3}{38}\]

(5)つぎの問題を解いてください。
\[\frac{31}{30}-\frac{1}{3}+\frac{38}{33}\]

(6)つぎの問題を解いてください。
\[\frac{25}{66}-\frac{69}{50}+\frac{73}{21}\]

(7)つぎの問題を解いてください。
\[\frac{1}{6}-\frac{1}{52}+\frac{3}{28}\]

(8)つぎの問題を解いてください。
\[\frac{25}{27}-\frac{7}{18}+\frac{47}{66}\]

(9)つぎの問題を解いてください。
\[\frac{19}{30}-\frac{18}{25}+\frac{53}{70}\]

(10)つぎの問題を解いてください。
\[\frac{8}{3}-\frac{1}{8}+\frac{9}{7}\]

■ 計算式
※計算式はあくまで目安です。ここで紹介している計算式よりも簡単に計算できることがあります。

(1)つぎのようにできます(上から順に計算式1、計算式2)。
\[\frac{2×24-1×45}{45×24}-\frac{7}{87}\]\[\frac{1×87-7×360}{360×87}\]※約分:計算式1は3、計算式2は3

(2)つぎのようにできます(上から順に計算式1、計算式2)。
\[\frac{1×2-1×7}{7×2}-\frac{1}{3}\]\[\frac{5×3-1×-14}{-14×3}\]※約分:計算式1は約分はありません、計算式2は約分はありません

(3)つぎのようにできます(上から順に計算式1、計算式2)。
\[\frac{7×80-3×54}{54×80}-\frac{2}{45}\]\[\frac{199×45-2×2160}{2160×45}\]※約分:計算式1は2、計算式2は225

(4)つぎのようにできます(上から順に計算式1、計算式2)。
\[\frac{1×38-3×20}{20×38}-\frac{1}{28}\]\[\frac{-11×28-1×380}{380×28}\]※約分:計算式1は2、計算式2は16

(5)つぎのようにできます(上から順に計算式1、計算式2)。
\[\frac{31×33-38×30}{30×33}-\frac{1}{3}\]\[\frac{13×3-1×-110}{-110×3}\]※約分:計算式1は3、計算式2は3

(6)つぎのようにできます(上から順に計算式1、計算式2)。
\[\frac{25×21-73×66}{66×21}-\frac{69}{50}\]\[\frac{-477×50-69×154}{154×50}\]※約分:計算式1は3、計算式2は4

(7)つぎのようにできます(上から順に計算式1、計算式2)。
\[\frac{1×28-3×6}{6×28}-\frac{1}{52}\]\[\frac{5×52-1×84}{84×52}\]※約分:計算式1は2、計算式2は8

(8)つぎのようにできます(上から順に計算式1、計算式2)。
\[\frac{25×66-47×27}{27×66}-\frac{7}{18}\]\[\frac{127×18-7×594}{594×18}\]※約分:計算式1は3、計算式2は36

(9)つぎのようにできます(上から順に計算式1、計算式2)。
\[\frac{19×70-53×30}{30×70}-\frac{18}{25}\]\[\frac{-13×25-18×105}{105×25}\]※約分:計算式1は20、計算式2は5

(10)つぎのようにできます(上から順に計算式1、計算式2)。
\[\frac{8×7-9×3}{3×7}-\frac{1}{8}\]\[\frac{29×8-1×21}{21×8}\]※約分:計算式1は約分はありません、計算式2は約分はありません

算数のつぎは中学数学。中学数学の勉強には『0からやりなおす中学数学の計算問題』『5つのパターンで9割わかる!中学数学の文章題』(総合科学出版)がお勧めです。基本から中学数学がどんどんわかるようになります。

■ 答え
(1)答えは、つぎのようになります。
\[\frac{59}{10440}\]

(2)答えは、つぎのようになります。
\[\frac{13}{42}\]

(3)答えは、つぎのようになります。
\[\frac{53}{432}\]

(4)答えは、つぎのようになります。
\[\frac{62}{665}\]

(5)答えは、つぎのようになります。
\[\frac{611}{330}\]

(6)答えは、つぎのようになります。
\[\frac{14293}{5775}\]

(7)答えは、つぎのようになります。
\[\frac{139}{546}\]

(8)答えは、つぎのようになります。
\[\frac{371}{297}\]

(9)答えは、つぎのようになります。
\[\frac{352}{525}\]

(10)答えは、つぎのようになります。
\[\frac{643}{168}\]

ロングセラー!「今までにない教えかたで、涙がでるほどわかりやすい」「まるで絵本」の英語の本!『基本にカエル英語の本』は全国の書店で絶賛発売中!

スポンサーサイト



keisanmondai65

翻訳、個別指導教室、家庭教師などを行っています。

メインブログ
家庭教師サイト